『Dr’s水素セレブ』『Dr’s富士水素』の普及を通じて、

日本の医療費削減の実現を目指す
川畑秀雄会長の本気対談が、
月刊BOSSで連載されています。

第回目は、実践型の経営者
レジェンドグJL一プ会長の
國武栄治氏です。

レジェンドグル一プ会長 國武栄治氏

川畑 國武さんと知り合って4年くらいになりますが、今では水素車業でタツグを組んでいただいています。

國武 不動産からスタートして現在、12社。
いろいろな業種をしていますので、それだけに儲け話の類はたくさん来ます。
しかし、私は、お客様からありがとうと言ってもらえるビジネスでなければやりません。
お客様と一生涯付き含っていける。
そういうビジネスなら、どんどん広げていこう。
それが、現在12社になっています。

川畑 國武さんの経営の原点ですね。

國武 私は、継続できなければビジネスではないと考えています。
お客様からありがとうと言ってもらえて継続できる。
水素事業はそれにぴったり合います。

「お客様からありがとうと言ってもらえるビジネスでなければやりません」
と言い切る國武栄治氏。

経営の原点は揺るぎないものですね。

成功には水素とボランティアは必要不可欠です

川畑 水素との出会いは。

國武 皮畑会長と知り合う前から、水素のことは知っていました。
愛猫が糖尿病になって、この時は水素水でしたが飲ませたところ完治した。
そんな体験をしていましたから、川畑会長と知り合って、水よりも長持ちするサブリがあると聞いて、自分でも飲むようにしました。

川畑 飲むようになって変わったことはありましたか。

國武 お酒を飲む機会が多いのですが、それにもかかわらず肝臓の数値γ-GTPが正常値になりました。
それと二日酔いもしなくなりました。
私は比較的健康な方ですのでそのくらいですが、私以外の愛飲者の体験がすごい。
中でも、C型肝炎と診断された私の友人が驚くべきことに13日間で「ウィルスを検知せず」になりました。
それで、川畑会長が言っている医療費削減。
最初は正直「何言っているの」と思っていましたが、これだけの体験を聞いたら本当にできる。
子どもの頃、国に残る仕事というcMを見てカッコいいと思いましたが、今度は、川畑会長と共に自分たちがこの水素を広めていって、医療費削減することで国の破たんを阻止する。
かっこいいですよね。

経営者が戦う相手は
数多くのライバルだけではありません。

経営努力や競争原理以外にも
お客様に喜んでいただけること。

これらを乗り越え、社会貢献することを
『Dr’s水素セレブ』『Dr’s富士水素』はサポートします。

國武栄治氏の感謝の秘訣はメルマガで↓ ↓ ↓

メルマガLPクリック